第10回 茶話会「和洋デー」のご報告

■日時: 平成26年11月21日(木)12時~14時30分

■場所: ふじのきさん家  ■参加者: 37名   ■会費: 300円

■プログラム: 昼投稿を表示食、「疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!」

■協  力 :和洋女子大学柳沢研究室(柳沢先生と大学4年生6名)

今回の茶話会は和洋デー。茶話会のレシピをつくっていただいている柳沢先生と4年生の学生さんが調理とその後の講座を担当して下さいました。9時からふじのきさん家に集まり、作業を開始。段取り良く調理を進めてくれました。

01 04 09

昼食は、秋の味覚を使った食感多彩な4品。いすみの甘いさつま芋はご飯にほどよくあい、鶏肉と豆腐でつくったふっくらヘルシーな和風ハンバーグは、あんかけの大根おろしや人参のしゃきしゃき感が楽しめました。更にナメコのみそ汁がありとってもバランスのいい食事!デザートのリンゴはコンポートにしてあり、甘酸っぱさと生クリームの甘みがとってもあっていました。少し多めに作って頂きましたが、参加者の皆さんからはおかわりも多く、平らげてしまいました。

07 08 12

食後は学生代表松下さんの司会進行による、おたのしみ会がスタート。疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!というテーマで、まずは早口言葉を一緒に唱えました。口を動かすことで、認知症予防になるそうですよ。擬音クイズはサイレンの音や猿の鳴き声など、グループでせーの、で答えをいい、全員一緒ならば正解という内容。こちらもとても盛り上がっていました。

27 28

その後はグループに分かれて昔の思い出話をしました。話すテーマは「昔のおやつ」や「初恋」について。学生さんが4~5人の輪の中に入って、話を聞き出し、会話をしましたが、どこのグループもにぎやかでした。昔食べたおやつの話しでは、筍の皮に梅干しを挟んだり、ジャガイモを巾着のようにして食べた話しが出ました。門松で竹馬をつくった話やほろりとする初恋の話なども出たようです。

いつもの茶話会は講師の先生から話を聞くことが中心なのですが、今回は参加者皆さんがたくさんおしゃべりが出来、大変盛り上がった会でした。そして、今回はなんと、男性参加者が最多の7名!さすがの女子大生効果でした。

柳沢先生や女子大生の皆さんに企画、運営していただき、とっても美味しく、楽しい茶話会となりました。ありがとうございます。

また、ぜひ、和洋デーを開催してくださいね。

関連記事