投稿者: admin

カフェのサービスと提供サービスを提供

カフェのサービスと提供サービスを提供

カフェのサービスとサービス

藤のきさんの家にあるカフェは、近所の人たちがリラックスして友達と充実した時間を過ごすための定番のたまり場の1つです。私たちはあなたがコーヒーを愛していることを知ってこの場所を設立しました。さて、誰がしませんか?それが、私たちが忠実な常連客に最高のジョーを提供し続ける理由です。

私たちのカフェを訪れるとき、いつも新しいことを楽しみにしています。これから数ヶ月間、私たちが並べた数え切れないほどのイベントに驚かれることでしょう。時々私たちのウェブサイトをチェックすることを忘れないでください、さもなければあなたは私たちの場所に立ち寄ることができます。ロケーションマップをクリックするか、Googleマップで提供した住所を入力するだけです。

カフェ

墨田区に本拠を置く藤のきさんの家、東京のにぎやかな街にあるは、人生に圧倒されたときにくつろぐのに理想的な場所です。ペースの速い生活の悩みから解放され、温かい一杯のコーヒーまたはお茶。

現在、ご利用いただける座席数には限りがあります。しかし、カフェの改善と拡大を計画しているため、将来的にはより多くの人々が私たちのスペースを楽しんだり、特別に用意された飲み物を味わったりすることができます。 

曳舟駅から電車で5分ほどの距離にあるので、簡単にアクセスできます。 

ベストセラーのドリンク

コーヒーは今でも私たちのカフェで最高の地位を占めています。以下のリストを読んでベストセラーを確認し、カフェにアクセスしたときに何を注文すればよいかを確認してください。

アメリカーノ

ほとんどのエスプレッソベースの飲み物には牛乳が含まれていますが、アメリカーノは異なります。この飲み物の起源は、兵士が濃縮コーヒーに水を加えてその量を増やした第二次世界大戦にまでさかのぼることができます。水とエスプレッソだけで、このシンプルな飲み物は確かに群衆のお気に入りです。ホットでもコールドでも楽しめます。

カフェラッテ

カフェで強化している誰もがこの飲み物を知っているので、ラテは、任意のカフェの定番です。エスプレッソと牛乳でできており、泡がトッピングされています。これは、初めての人にコーヒーを紹介するのに良い飲み物です。コーヒーを甘くしたい場合は、さまざまなフレーバーシロップをご用意しています。

モカ

この飲み物はチョコレート愛好家に特に人気があります。あなたの甘い歯は確かに甘い味と苦い味の適切なバランスを持っているこのコーヒーのカップにふけるのが大好きです。

私たちが提供しなければならないものと私たちのレンタルスペースの詳細については、私たちのサイトを探索することができます。数え切れないほどのサービスをご利用いただけます。レンタル料金をご覧になるか、イベントの予約方法についてお問い合わせください。 Fujinokisan’s Houseは、小さなパーティーやコミュニティイベントに最適な場所です。

ホスト会社とあなたのティーパーティーは

ホスト会社とあなたのティーパーティーは

私たちと一緒にお茶会を主催

する日本には、お茶を祝うために適切な儀式を行うという伝統があります。ここ藤のきさんの家では、お友達とお茶会を祝ったり、開催したりできます。この趣のある木造の家は、あらゆる種類の小さなイベントを開催するのに最適なスペースを提供するはずです。

私たちの広々としたホールは、少なくとも50人から最大60人まで収容できます。あなたとあなたのゲストがアクセスできる私たちの完全な設備であなたは家の快適さを楽しむことができます。多くの方からお友達に私たちのスペースをお勧めしておりますので、お気軽にご利用ください。また、他に類を見ない賃貸スペースを低価格で体験していただきたいと思います。

あなたはあなたが何を利用できるかを知るために私たちのサイトの残りの部分を見ることができます。また、ゆびんばんご131-0044、隅田東向島3-1-4に立ち寄って、私たちのスペースを訪れることもできます。利用可能なスケジュールについては、お問い合わせください。何かお祝いがあれば、今日は藤のきさんの家を予約できます!

日本の茶道は

日本の茶道は、と呼ばれています 茶の湯 文字通り「茶の道」を意味し、日本の。あなたにとって、それはただのお茶かもしれませんが、日本人は人々がそれに対する新しい賞賛と尊敬を見つけるためにそれの周りに全体の伝統を作り上げました。 

日本が正式な茶道を導入したのは8世紀だけだということをご存知ですか?国のほとんどの伝統は仏教の禅の哲学に根ざしていることがわかります-これらの1つはミニマリストのライフスタイルです。 

茶道は通常、畳の床のあるフォーマルな茶室で行われます。お茶のマスターは、ゲストにお茶を準備して提供することを許可されている唯一の人です。これらの専門家は、何年もの間、この芸術形式を実行するように訓練されてきました。茶道の主な目的は、ゲストが静かで落ち着いた雰囲気の中でホストのおもてなしを楽しむことです。それはまた、私たちを日常生活の喧騒から切り離して、お茶を飲みながら心の平安と調和を見つける方法でもあります。

今日日本を訪れると、茶道を提供する茶屋がたくさんあります。今ではほとんどの地元の人が趣味で練習しています。あなたもマスターから直接それを行う方法を学ぶことができます。国内ではさまざまな茶道を体験できます。オンラインで、日本の各地、特に宇治と京都で行われている本格的でフォーマルなものを検索してください。文化センターや伝統的な茶園など、多くの組織がそれらを提供しています。

独自のティーパーティーを主催する

私たちのチームがあなたのティーパーティーのニーズに対応します。イベントの日時をお知らせください。残りはご協力とご意見をお待ちしております。

お問い合わせ

茶道やあらゆる種類の小さなパーティーを主催する方法について詳しくは、電話またはメールでお問い合わせください。詳細については、当サイトの残りの部分を確認してください。

第10回 茶話会「和洋デー」のご報告

第10回 茶話会「和洋デー」のご報告

第10回 茶話会「和洋デー」のご報告

■日時: 平成26年11月21日(木)12時~14時30分

■場所: ふじのきさん家  ■参加者: 37名   ■会費: 300円

■プログラム: 昼投稿を表示食、「疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!」

■協  力 :和洋女子大学柳沢研究室(柳沢先生と大学4年生6名)

今回の茶話会は和洋デー。茶話会のレシピをつくっていただいている柳沢先生と4年生の学生さんが調理とその後の講座を担当して下さいました。9時からふじのきさん家に集まり、作業を開始。段取り良く調理を進めてくれました。



昼食は、秋の味覚を使った食感多彩な4品。いすみの甘いさつま芋はご飯にほどよくあい、鶏肉と豆腐でつくったふっくらヘルシーな和風ハンバーグは、あんかけの大根おろしや人参のしゃきしゃき感が楽しめました。更にナメコのみそ汁がありとってもバランスのいい食事!デザートのリンゴはコンポートにしてあり、甘酸っぱさと生クリームの甘みがとってもあっていました。少し多めに作って頂きましたが、参加者の皆さんからはおかわりも多く、平らげてしまいました。



食後は学生代表松下さんの司会進行による、おたのしみ会がスタート。疑似音や回想法を用いて身体を活性化させよう!というテーマで、まずは早口言葉を一緒に唱えました。口を動かすことで、認知症予防になるそうですよ。擬音クイズはサイレンの音や猿の鳴き声など、グループでせーの、で答えをいい、全員一緒ならば正解という内容。こちらもとても盛り上がっていました。

 

その後はグループに分かれて昔の思い出話をしました。話すテーマは「昔のおやつ」や「初恋」について。学生さんが4~5人の輪の中に入って、話を聞き出し、会話をしましたが、どこのグループもにぎやかでした。昔食べたおやつの話しでは、筍の皮に梅干しを挟んだり、ジャガイモを巾着のようにして食べた話しが出ました。門松で竹馬をつくった話やほろりとする初恋の話なども出たようです。

いつもの茶話会は講師の先生から話を聞くことが中心なのですが、今回は参加者皆さんがたくさんおしゃべりが出来、大変盛り上がった会でした。そして、今回はなんと、男性参加者が最多の7名!さすがの女子大生効果でした。

柳沢先生や女子大生の皆さんに企画、運営していただき、とっても美味しく、楽しい茶話会となりました。ありがとうございます。

また、ぜひ、和洋デーを開催してくださいね。